猫のがん(腫瘍)

猫のがん(腫瘍)

腫瘍は、上皮系の「癌」とそれ以外の「肉腫」に分かれ、それぞれ良性と悪性があります。
体表の腫瘍は早期に発見できるため、腫瘍塊を全摘出して再発を防げますが、発生する場所や進行の仕方によって悪性のものもあります。

●猫のリンバ腫

【原因】
リンパ腫は、猫の血液をつくる器官または血液の腫瘍の9割程度を占め、3〜7歳前後の猫に多く発生します。
ネコ白血病ウイルス(FeLVウイルス)と関連性があり、避妊したメス猫の発生は低いといわれています。

【症状】
・前縦隔のリンパ腫(胸腺型)…心臓の前方にある前縦隔のリンパ腺に腫瘍ができ、胸水が溜まります。進行すると呼吸困難が表れます。
・腸管のリンバ腫…多<が腸閉塞の症状である嘔吐、下痢、食欲不振などの消化器症状を示し、腸管に穴があくと腹膜炎を起こします。
・肝臓・脾臓のリンパ腫…腹水や黄疸を表します。
・胃腸のリンパ腫…腎不全を起こします。

【治療・予防法】
リンパ腫や白血病は、抗癌剤での治療の効果が高いため、早期発見が決め手となります。





●猫の乳腺腫瘍

【原因】
10歳以上の高齢のメス猫に多く発生し、7〜9割が悪性の腫瘍です。リンパ腫など造血系腫瘍、皮膚腫瘍に次いで多く、若い猫にも発生します。

【症状】
乳腺内にしこりができ、触ると分かります。進行とともに大きく固くなると、腹腔内臓器や肺へ転移することが多<、致死率、再発率も高くなります。

【治療・予防法】
初回発情前に避妊手術を行うことによって、ある程度発生を防ぐことができます。

●猫の皮膚の腫瘍

【原因】
皮膚に腫瘍や硬結部ができ、潰瘍を起こして白壊し、出血が起きます。

【症状】
・肥満細胞腫(悪性)…猫と犬にできる特殊な腫瘍で、皮膚が盛り上がったり、赤く腫れます。
・扁平上皮癌(悪性)…白毛の猫の耳や奥、皮膚にできるものと、口腔内に多く見られます。皮膚が赤くただれ出血します。耳は切除できますが、口腔は治ったあとがよくありません。
・繊維肉腫(悪性)…好酸球性肉腫芽腫群の一種で、平らで湿った脱毛部ができ、後ろ足の後ろ側の皮膚が線状に盛り上がります。
・耳垢腺癌、耳道腺癌(悪性)…外耳炎の猫に多く、耳道内外、耳介にただれや腫瘍ができます。
・皮脂腺腫(良性)…固い粒状の塊として触れます。汗や脂を出す腺や毛包、表皮の細胞などが腫瘍化したもので、ほとんどが良性です。

【治療・予防法】
初期段階は、傷や皮膚炎と思い見過ごしがちなので、体表の異常に気づいたら、早期に診断してもらうようにしましょう。
日頃から胸やお腹を触ってみることで早期発見が可能です。

 

サイトマップ