猫が突然食べなくなる

猫の食欲はむら気の傾向・・・

●突然食べなくなる

■食欲は健康のバロメーター

猫の食欲はむら気の傾向があります。食べる量は、その日の運動や精神状態などによっても変リますし、単純に味に飽きたということもよくあります。
ほかの症状がなく、食べない期間が、生後1〜2ヵ月前後なら8時間、生後2〜4ヵ月で12〜16時間、成猫なら24時間以内であれば問題ありません。

環境の変化や気分的な単なる食欲不振であれば、原因を取り除いて様子を見れば大丈夫です。
体の不調が原因で食欲不振になり、それが長く続く場合は、体温や呼吸、便の状態などの基礎的なチェックをして、どこがどう悪いのかをつきとめましょう。





■食欲不振に問題がある場合

突然食べなくなる・・・口内炎や胃腸系の病気が考えられます。肥満した猫が36時間以上食べないと、肝臓に脂肪がたまる肝リビドーシスという病気になるので、早めに病院へいきましょう。

■健康な心身は正しい食事から

人間も猫も、食生活はあらゆる活動の基本です。日頃から、規則正しくバランスのよい食事をこころがけましょう。
子猫や妊娠・子育中の母猫、発育盛り、成猫、老猫では、必要なカロリーや栄養も異なります。年齢に合わせた正しい食事内容と摂取カロリーをつかんでおくことが大切です。
適度な運動と遊びは食欲増進や肥満防止、心の健康にも欠かせません。

 

サイトマップ