犬のマウンティング

犬のマウンティングはうれしさや興奮のあらわれです。

犬のマウンティングも状況によって、犬の気持ちが異なります。
ここでは、腕にしがみついて腰をフリフリという困った犬のマウンティングの行動の意味と犬の気持ち、そしてしつけのポイントについて考えてみましょう。





腕にしがみついて腰をフリフリ

●“なんでそんなに腰をフリフリするの?”
犬のマウンティングはうれしさや興奮のあらわれです。
犬が、人の足などにしがみついて腰を振るのは、マウンティングと呼ばれる行為です。
行為自体に直接害があるわけではありませんが、交尾を連想させるので、公共の場でされると恥ずかしいもの。しかし、実際は性的な意味合いのない場合がほとんどです。

●犬の気持ち
「とっても楽しくて気分がいいんだ!」
喜びや興奮が高まったときの行動でもあります。犬は単純に、無邪気に楽しんでいるだけなのかもしれません。その行為によって、飼い主へ愛情表現をしているとも言えます。

「スキスキ 世界一!!」
オスがメスの上に乗って腰を振ろうとするのは、やはり性的な意味合いである可能性が高いです。

人やほかの犬が来たのがうれしくて、興奮している状態なのかもしれません。マウンティングはオスのみではなく、メスにも見られることがあります。

●しつけのポイント
どんな理由であっても、マウンティングの癖をつけさせてはいけません。
どんな状況でも落ちついてすごせる犬に育てることでマウンティングはかなり防げます。飼い主がつねに犬を落ちつかせておくように気を配ることが大切です。

・マウンティングをする前に引き離してやめさせる
マウンティングが常習化すると、さまざまな興奮を抑制できない犬になってしまうことがあります。やればやるほど常習化してしまうので、たとえ飼い主の手足でも、ぬいぐるみでも練習させてはいけません。
また、オスがメスの上に乗ってしまった場合、交尾に突入してしまったら、容易に引き離せなくなります。

<ヒント>
去勢でおさまることも

オスの場合、去勢することで性的興奮を静めることができます。マウンティングが癖にならないうちに手術するのが効果的。
具体的な時期は獣医と相談して決めましょう。

犬のしつけ ‐ TVチャンピオン2回優勝者!遠藤和博の犬のしつけ講座

 

サイトマップ